fc2ブログ

ジムカFMB

タイタンコマンドの相棒、つーか、サポートメカ・ジムカが、ある日唐突に単体で発売されました。
 テレマガを購読していたら、唐突でも何でもなかったかもしれませんが。

ジムカF1コスモード・・・と来て・・・にこだわったのは、「シズラー銀」を横目でチラチラ見てたんですかね?

モーター装備のジムカ・・・と言うことで、真っ先に思ったのが、以前よりタイタンコマンドのカタログに掲載されていた、システムパーツの類い。

「おお!いよいよ発売か?」そんなワクテカな思い出を振り返ろうと、改めてパッケージを見返して、重大な事に今頃になって気が付きました。

箱の何処にも「ミクロマン」のロゴが無いのです。

辛うじて、タイタンコマンドと遊べる旨の説明が。
封入カタログには、しっかりミクロマンコマンドたちも掲載されているので、今日に至るまで、タイタンコマンドシリーズのシステムパーツだとばかり思っていました。

いやまぁ、システムパーツには違いは無いのですが、ミクロマンシリーズとは一線を画した展開を見込んでいたようにも思います。
てなワケで、ミクロマンの書庫ではなく、タカラ全般ってことで。

で、このジムカを振り返ってみて、これまた今頃になって気になったのですが、ジムカFMBの
“M”はモーター
“B”はバッテリー
と言うのは分かりますが、
“F”は何の頭文字なのでしょうか?

F・・・フレーム?・・・この場合にはシャーシとかボディが適切ではと思うのですが。


単純に、タイタンコマンドのコードナンバーの頭が“T”だから、ジムカのコードナンバーの頭の“F”・・・とゆーことで宜しいのでしょうか?
付属パーツの各部の頭文字ならば、ステアリングは無視ですか?・・・とか無用なツッコミ。

・・・で、モーターはM2・・・ロースピードモーターが付属しているのですが、これに対するM1・・・ハイスピードモーターが、M2と比較してどれくらいハイスピードなのかについては、肝心のM1が無いので不明です。

              みぞつきレール・・・発売されたのでしょうか・・・。

ただ、ロースピードと言っても、スロットカー並の小型モーターで、単3電池1本+ダイキャストの車体を走らせるのですから、走行もそれなりなので、ハイスピードだとトルク不足で走らないのではと。

試しに今走らせてみたら、メロディーチョロQくらいの・・・ジリジリ~・・・とゆー速度でした。

ジムカのサイズに、市販の乾電池を組み込むのは不可能なので、外部電源ユニット・・・バッテリーケースを取り付けます。

後の拡張性を考慮して、モーターには充電池を組み込むスペースを確保して有りますが・・・
ニカド電池・・・いやまぁ、電池のカタログを見たことはありましたから、イロイロ有ることは知ってはいましたけどね。日常的には単一~単三、たまあに006P、ごくごく稀に単五、くらいしか実際に使う機会が無いので、取っ付き難さを感じました。
それに対するフォローも有りましたが・・・

指令基地が1500円の時代に、これ動かすためだけの電池のために2200円はキツいっすよ!
あと日給(お小遣い)2日我慢すればサーベイヤー1or2が買えるじゃん。

・・・とゆーような価値観の下で、これ等、充電器等のシステムパーツが発売されたとして、果たして、ミクロマンやタイタンと絡めて・・・

            ・・・遊び難かったかもしれません。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ガルダンガンガル

Author:ガルダンガンガル
歳を重ねる毎に忘れてしまう幼少のころに手にした、あるいは目にした、おもちゃ(プラモもオマケも“おもちゃ”に含む)に関する記憶を残しておく事から始めたブログも、気が付けば干支が一回り。
今では可動フィギュアに魅せられてイロイロ改造を施してイロイロポーズを取らせたり、二次創作をしてみたり。

カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR